FC2ブログ

見た目は子ども、頭脳は鬼畜、「流産させる会」

無修正高画質動画・サンプルは無料で見放題!



中1が担任「流産させる会」…給食にミョウバン、いす細工

愛知県半田市の市立中学校で、1年生の男子生徒11人が、担任で妊娠中の女性教諭を「流産させる会」をつくり、この女性教諭の給食に異物を混ぜるなど悪質な嫌がらせを繰り返していたことが28日、わかった。

同市教育委員会によると、嫌がらせを受けたのは30歳代の女性教諭で、当時は妊娠5か月~6か月。11人の生徒は席替えに対する不満や、部活動で注意されたことの腹いせに、1月末頃から、チョークの粉などを女性教諭の車に付けたり、いすの背もたれのネジを緩めて転倒させようとしたりするなどしていた。

2月4日には、殺菌や食品添加物などに使われるミョウバンを、理科の実験の際に持ち帰り、教諭の給食のミートソースに混入。女性教諭は気付かずに食べたが異常はなかった。嫌がらせを見かねた生徒たちが、別の教諭に知らせて発覚。同校は同月下旬、関与した生徒と保護者を呼んで注意した。生徒は反省の態度を示しているという。女性教諭は4月から産休に入る予定。

http://www.yomiuri.co.jp/national/
news/20090328-OYT1T00563.htm?from=main1



このニュースを見て、まず感じたことは、報告した生徒たちの勇気。
本当に立派なことをしたと思います。
なんせ、相手は胎児を殺してしまおうという鬼畜集団です。
怖かったと思います。
しかし、この生徒たちの報告がなければ、先生は本当に流産してしまうかもしれなかった。
ミョウバンは食品にも入れられるものですが、胎児に影響を与えないとは言い切れません。
まして、いすのネジを緩めるということは、先生の転倒などに直結します。
妊婦さんが転倒すれば、胎児は本当に死んでしまいかねません。
よく、報告してくれたと思います。

そして「流産させる会」のメンバーは、本当に気持ち悪いです。
言葉を失います。
読売新聞の報道では、チョークの粉を車にばら撒いたことしか書かれていませんが、他の報道を総合すると、生徒たちはチョークの粉と歯磨き粉と糊を混ぜたものを、車にばら撒いていたようです。
これは、にせものの精液を先生の車にばら撒くというセクハラです。
ちょっと、中学1年生の発想ではありません。

私はこの「流産させる会」のメンバーは、教育のために、学校からの注意ではなく、少年刑務所に入れるべきだと思います。
学校の先生は、生徒への体罰は禁止されています。
でも、「流産をさせる会」のメンバーは、先生の胎児を殺すために給食にミョウバンを混入し、いすのネジを緩め、先生にひどいセクハラをしています。
こんな人間のくずは、ぼこぼこに殴り倒してやってもいいのではないでしょうか?

この事件は、中学1年生が起こしたことだし、学校側も大きくしたくないでしょうから、裁判にはならないでしょう。
でももし裁判になって、私が裁判員に選ばれれば、「流産させる会」のメンバー全員に死刑を求めます。死刑が相当です。
だって、先生の胎児は、これから生まれてきて、この世の中によいことをもたらす可能性がある、希望です。
それに対して、「流産させる会」のメンバーは、残念ながら中学生にして悪魔になってしまった、失敗作の人間です。失敗作がこの世の希望を殺そうとするなんてことは許されません。

校長は「ゲーム感覚でやったのだろう」と発言していますが、ゲーム感覚ってなんですか?
ゲーム感覚なら、人殺しも許されるんですか?

ただ、ひとつだけ心配なのは、このニュースがこれだけ大きく報道されることによって、先生が心労から体調を崩してしまわないかということです。そんなことになれば、「流産させる会」の思った通りの結末を迎えかねません。
それだけは、避けなければなりません。




  

クソガキには見れないおとなの楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : ▲▽ (*´Д`*)ハァハァする瞬間 ▲▽
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secre

ニュースブログを読んでいてこちらに参りました。
本当に怖い事件ですね。

>報告した生徒たちの勇気。
そうですね。その視点には気づきませんでした。
たしかに、殺人未遂をもくろむ人たちなのだから、報告するのも勇気がいったでしょうね。

毎日新聞の記事によれば
>これを女子生徒が目撃し、別の教諭にいたずらが伝わったという。
ということなので、女子生徒だったようです。やはりさすがに人が死ぬかもしれないのを止めたい気持ちが勝ったのでしょうか。

それにしても、こういった犯罪でも少年法で守られてしまうのはやはり考え物かもしれませんね。
即死刑とは思いませんが、何らかの刑罰を科した方がいいような気がします。

>greenさん
もちろん死刑というのは私がそれくらい重大な犯罪だと思うだけで、
現在の刑法では絶対にそんなことにはなりません。
でもこれは、タバコを吸ったとか、万引きをしたとかいう、
反抗期の子どもが起こす犯罪とはちょっと違うと思います。

報告した生徒たちの勇気に関しては、
とても評価できるすごいことだと思います。
中学校は、おとな社会とは違い、
学校の中に国際社会の小さなものができているようなコミュニティだと思います。
たぶん報告した女子生徒には、
「流産させる会」は北朝鮮やアルカイダくらい怖い存在だったのではないかと思います。
でも、女性だからでしょうか、おなかの子どもを救わなければいけないと思ったのかもしれません。
とにかくすばらしい仕事だったと思います。

>失敗作の人間です。
気持ちは分かりますが・・・・

ニュースやマスメディアが伝えられるのはあくまで一方的な事実、意見だけです。
それは管理人さんなら分かっていると思いますが・・・
私はこの中学生達、全員がゲーム感覚でこの事件を起こしたとは思いません。
多分に首謀者といえる人物は2,3人でしょう
もしかしたら、学校内で権力とはいいませんが強いグループがあったのかもしれません

私は学校という場所は仕事場以上に自分を見失う場所だと思っています。自分を殺して学校生活を送っている学生さん達も沢山いると・・・

少年達が狂っていた
本当にそうでしょうか?もし自分を見失う環境(学校、そこでの生徒関係、雰囲気)に置かれ、断ればイジメられてしまうようなグループがあり・・・

もし、私が同じ環境下に置かれた時、断る自信がありません。自分を正当化して間違ってると分かりながらも従ってしまうかもしれません。

学校生活というのは、酷い所は想像絶する状況があると思うんです。

長文すいませんでした^^
ただ心の余裕がなかったから。悪いと分かっていた。なんて言い訳にならないですから
法律的にうんぬんという話になると別なんですがね

>Meさん
コメントありがとうございます。
Meさんのおっしゃることはよくわかります。
ひとつ前のコメントでも書いたのですが、
中学校というコミュニティは中学生にとっては国際社会と同じ、
全世界みたいなものだと思います。
その中で、自分が生き残っていくため、
その場の空気に流されることもあるとは思います。

しかし、それが許されることかどうかというと違うと思います。
かつて、ナチスドイツはユダヤ人を絶滅させようとして強制収容所に入れて迫害しました。
ガス室はなかったという説もありますが、
さすがに古代ではないので、
迫害したのは事実だと思います。

おそらくこのときにナチスに熱狂したドイツ人は、
「流産させる会」の中学生と似ていたと思います。
そして、当時のドイツ人の中にもユダヤ人を迫害から逃れさせようとした人々もいました。
この人々は、他の先生に報告した女子生徒に似ています。

当時のドイツの空気、
この中学校の空気。
この中で、ユダヤ人を迫害から救出したり、
他の先生に「流産させる会」を報告することは、
とても勇気のいることです。
命がけだと思います。
それができないで、流れに身をまかせてしまう人間がほとんどだと思います。

でも、評価されるべきはユダヤ人を助けようとした人々と、
ほかの先生に報告した女子生徒です。
非難されるべきはナチスと「流産させる会」です。

だから、その場の空気で、
「流産させる会」の存在を知っていたのに、
報告できなかった生徒は、心から反省するべきです。
当時のドイツ人も心から反省すべきです。

しかし、ナチスや「流産させる会」は首謀者です。
首謀者は責任を取るべきだと思います。
首謀者は非難されるべきです。

それを、ゲーム感覚とか言ってもみ消そうとする校長も非難されるべきです。
事件があった中学校は、「新年度に向けての更新中につき一時的に閉鎖しております」という理由でホームページのコンテンツをすべて閉鎖してしまいました。
絶対うそでしょこんなの。
責任を取るとは、ひとつひとつの問い合わせに丁寧に答えることです。

Meさんのおっしゃることはよくわかるのですが、
だからといって許されるものではないのではないかと思います。
最新記事
おすすめ




こんにちは
お下品でバカなので
ご注意ください。

最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
いろいろ
リンク