FC2ブログ

焼肉屋さんをがんばれば犯罪が許される国

無修正高画質動画・サンプルは無料で見放題!
最新ニュースチェックならこちら



私たちの住む国、日本では、一生懸命焼肉屋さんで働けば、犯罪が許されるようです。

焼き肉店頑張ったかいあった!韓国人夫婦在留OK

大手焼き肉チェーン「叙々苑」傘下の焼き肉店を東京都内で経営する韓国人夫婦が、国に在留を認められなかったのは不当だとして、強制退去処分の取り消しなどを求めた訴訟で、東京地裁は27日、請求を認めた。

杉原則彦裁判長は「夫婦は長期間、身を粉にして働き、叙々苑社長から高い評価を受けて店の営業を許された。違法状態だったが、営業を継続する経済的価値は高く、すべてを失わせるのは酷だ」と指摘した。

判決によると、夫婦は1988年、借金返済のため、短期滞在の名目で来日。期限が過ぎても残留し叙々苑の直営店で働いていたが、同社は99年ごろ、夫婦を含め不法就労者を全員解雇した。

夫婦は別の店に移った後、2004年にその店の経営を引き継いだ。叙々苑社長との親交は続いており「叙々苑」の商号使用を直営店以外で唯一許された上、食材の提供も受けるようになった。

夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。

http://www.sponichi.co.jp/society/
flash/KFullFlash20090327082.html



日本には、マージャンができる雀荘がたくさんあります。雀荘でマージャンをしている人たちは、ほとんどお金を賭けています。これは違法な賭博行為です。
その雀荘に警察がガサイレに来て、マージャンは4人でやるゲームですから、4人を逮捕したとします。
4人とも裁判にかけられました。そのうち3人は適当に、ビールでも飲みながらマージャンを打っていました。
しかし、ひとりは一生懸命マージャンを研究し、マージャンで勝つために血のにじむような努力をしていました。
判決が下りました。適当に打っていた3人は有罪。一生懸命打っていたひとりは、努力が認められて無罪になりました。

もし、こんな判決があったら、あなたはどう思いますか?

これとまったく同じ判決を、東京地裁の杉原則彦裁判長は下しました。

こんなことが、まかり通っていいのでしょうか?

焼肉屋さんを一生懸命やっていたからという利用で、この韓国人夫婦は犯罪を許されました。
こんな判例を作ってしまえば、一生懸命仕事をして、上司から認められ、経済的に日本に貢献した犯罪者は許されてしまうということになります。
判例から逃れられない裁判官たちは、この判例をいいことに、これからどんどん、一生懸命働いて結果を出した不法滞在外国人たちを許すんじゃないでしょうか。

杉原則彦裁判長はただ単に焼肉が好きなだけなんじゃないの?
日本の法律より焼肉を優先する裁判長って、
もう裁判官不適合者だと思います。




  

焼肉もいいけど、無修正動画もいいよ。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : ▲▽ (*´Д`*)ハァハァする瞬間 ▲▽
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secre

最新記事
おすすめ




こんにちは
お下品でバカなので
ご注意ください。

最近の記事
カテゴリ
ブログ内検索
RSSフィード
いろいろ
リンク